世界で最も無知な国28カ国、ブラジルは3位にランクイン

  • これを共有
Ricky Joseph

不平等、移民、肥満など、議論を呼ぶ公共問題に対する人々の意見の強さを考えると、少なくとも基本的な事実は理解しているだろうと想像することは可能である。

調査機関Ipsos MORIが2015年に発表した「Perils of Perception」というレポートがあります。 その中で、さまざまな国の人に自国内の人口動態について調査しています。

Ipsos MORI社会研究所のボビー・ダフィー所長は、「調査対象の33カ国すべてにおいて、国民全体が大きな勘違いをしている」とし、「個人として心配していることを過大評価していることが多い」と述べています。

例えば、アルゼンチンでは人口の30%が移民で占められていると推定されているが、実際には5%しかない。

この調査によると、人々は1%の富裕層が自国の富の半分近くを所有していると考えているが、実際は3分の1に近い。 これは英国国民の大きな懸念であるようで、英国国民はこれらの富裕層の支配力を過大評価する傾向が他より強かった(59%対23%)。

例えば、ブラジルの平均年齢は56歳だが、実際は31歳である。

Ipsosの調査では、人々が肥満の危機を過小評価していることが明らかになりました。 平均的な回答者は、40%の人々が太りすぎまたは肥満であると推測していますが、実際の数字は54%です。 例えば、サウジアラビア人は体重に悩む人は人口の4分の1と考えていますが、70%がそうなのです。

そして、金メダルはメキシコ、銀メダルはインド、そして銅メダルはブラジルという結果になった。

順位 国名
1 メキシコ
2 インド
3 ブラジル
4 ペルー
5 ニュージーランド
6 コロンビア
7 ベルギー
8 南アフリカ
9 アルゼンチン
10 イタリア
11 ロシア
12 チリ
13 イギリス
14 イスラエル
15 オーストラリア
16 日本
17 カナダ
18 ドイツ
19 オランダ
20 スペイン
21 ノルウェー
22 フランス
23 スウェーデン
24 米国
25 中国
26 ポーランド
27 アイルランド
28 南朝鮮
出典:Ipsos MORI (Perils of Perception/Index of Ignorance)

リッキー・ジョセフは知識の探求者です。彼は、私たちの周りの世界を理解することで、私たちは自分自身と社会全体をより良くすることができると固く信じています.そのため、彼は世界とその住民についてできる限り多くを学ぶことを人生の使命としています。ジョセフは、彼の知識をさらに深めるために、さまざまな分野で働いてきました。彼は教師であり、兵士であり、ビジネスマンでもありましたが、彼の真の情熱は研究にあります。彼は現在、大手製薬会社の研究者として働いており、長い間不治と考えられてきた病気の新しい治療法を見つけることに専念しています.勤勉さと努力により、リッキー・ジョセフは世界で最も優れた薬理学と医薬品化学の専門家の 1 人になりました。彼の名前は世界中の科学者に知られており、彼の研究は何百万もの人々の生活を改善し続けています。