十分な水を飲むことが心臓病を予防することを補強する研究結果

  • これを共有
Ricky Joseph

25年間にわたり15,000人以上の成人を対象に行われた新しい研究によると、生涯を通じて十分な水を飲むことは、心臓発作などの心臓疾患の予防やリスクの低減につながることがわかりました。

ここ数十年の多くの研究で、長寿と人間の健康にとって水の摂取が重要であることが示されています。 そこで、ESC(欧州心臓病学会)大会の2021年版に掲載された研究では、5年ごとに患者を分析しました。

研究チームは、44歳から66歳までの患者さんを70歳から90歳まで追跡調査し、患者さんの血液中のナトリウム(Na+)濃度を中心に、体にとって十分な水分を摂取する習慣があるかどうかを分析しました。

人間の血液中のナトリウム濃度は、一般的に135~145mmol/Lが正常値であることが分かっています。しかし、142mmol/L以上(ナトリウムが多いほど、水分が少ない割合)になると、患者の心臓病のリスクが著しく高まることが研究で明らかにされています。

特に、左心室肥大症は、左心室の厚みが増して血液を送り出しにくくなるため、心臓疾患のリスクが高まる兆候のひとつとされていました。

画像:Steve Buissinne / Pixabay

しかし、十分な水を飲むことと血液中のナトリウムにはどのような関係があるのでしょうか。

ナトリウムは、他の塩類と同様に、すべての生物の細胞レベルで必須の機能を果たしており、例えば、私たちの神経細胞は、ナトリウム-カリウムATPaseを介して神経インパルス伝達を行うためにこの陽イオンに依存しています。 また、血液中に存在するこれらの塩類は、さまざまな浸透圧機能を持っています。

水は、私たちの細胞のほとんどの機能に必要な溶媒であり、一般に、生理学的および細胞レベルで代謝を容易にし、負担を軽減します。 しかし、水の摂取量が少なくなると 集中 の塩類が血液中に増加する。

平均して、ナトリウムが1mmol/L増えるごとに、左心室肥大の可能性が最大1.2%増加することが記録されている。

コレステロールや糖尿病、座りっぱなしの生活など、雪だるま式に増えていく生活習慣の中で、この1.2%が大きな差となるのです。

念のため、清涼飲料水や人工飲料ではなく、常に水をフルボトルで持ち歩くのがベターです。

  • 探査機が火星で有機廃棄物の可能性を発見
  • 人間の脳内に未知の信号が発見される
  • なぜ、海水が飲めないのか?
  • 火星に塩水が溜まっていることは間違いない
  • 雨水は飲めるけど、飲むべき?

調査票はESC Congress 2021から入手可能です。

リッキー・ジョセフは知識の探求者です。彼は、私たちの周りの世界を理解することで、私たちは自分自身と社会全体をより良くすることができると固く信じています.そのため、彼は世界とその住民についてできる限り多くを学ぶことを人生の使命としています。ジョセフは、彼の知識をさらに深めるために、さまざまな分野で働いてきました。彼は教師であり、兵士であり、ビジネスマンでもありましたが、彼の真の情熱は研究にあります。彼は現在、大手製薬会社の研究者として働いており、長い間不治と考えられてきた病気の新しい治療法を見つけることに専念しています.勤勉さと努力により、リッキー・ジョセフは世界で最も優れた薬理学と医薬品化学の専門家の 1 人になりました。彼の名前は世界中の科学者に知られており、彼の研究は何百万もの人々の生活を改善し続けています。