日本は初の宇宙用リフトを作るための試験を行っている

  • これを共有
Ricky Joseph

宇宙リフトの構想は、100年以上前から科学界で検討されてきました。 具体的にはさまざまですが、地球から宇宙まで延びるケーブルに沿って、何らかの乗り物が移動するというのが基本的な考え方です。

これまでSFの世界でしか実現できなかった宇宙リフトのコンセプトを、静岡大学の研究者たちが現実のものにしようとしています。

今回、日本チームは、縦6cm、横3cmの箱型リフト(実寸大で、実際の物資を宇宙へ運ぶことができる大きさ)を使って、宇宙リフトの実験を行う予定です。

9月11日、日本の宇宙機関はH-2Bロケットに2基の小型衛星を搭載して打ち上げる予定です。 代役 宇宙空間では、10メートル離れた2つの小型衛星の間に張られたケーブルに沿って、モーターが天球儀のように箱を動かし、衛星のカメラが箱の動きを監視する。

その動きは、地球と宇宙の間よりも、宇宙の方が断然やりやすいのです(少なくとも今の私たちには、その関係する力を処理できるほど強い素材はないのです)。

もし日本が(あるいはどこかの国が)スペースリフトの製作に成功すれば、物資や人を宇宙に安く運ぶ方法ができるかもしれません。この装置によって、輸送コストが1キロあたり2万2000ドルからわずか220ドルになると予想する専門家もいます。

もちろん、再利用可能なロケットはすでに宇宙輸送をより安価にしているので、時空間リフトが実用化される頃には、必要なくなるかもしれません。 しかし、少なくとも日本がこの技術をテストドライブしているという事実は、控えめに言っても魅力的です。 注目していきましょう[Futurism]。

リッキー・ジョセフは知識の探求者です。彼は、私たちの周りの世界を理解することで、私たちは自分自身と社会全体をより良くすることができると固く信じています.そのため、彼は世界とその住民についてできる限り多くを学ぶことを人生の使命としています。ジョセフは、彼の知識をさらに深めるために、さまざまな分野で働いてきました。彼は教師であり、兵士であり、ビジネスマンでもありましたが、彼の真の情熱は研究にあります。彼は現在、大手製薬会社の研究者として働いており、長い間不治と考えられてきた病気の新しい治療法を見つけることに専念しています.勤勉さと努力により、リッキー・ジョセフは世界で最も優れた薬理学と医薬品化学の専門家の 1 人になりました。彼の名前は世界中の科学者に知られており、彼の研究は何百万もの人々の生活を改善し続けています。