猫と犬、どっちが賢い?

  • これを共有
Ricky Joseph

公平で感情を持たない科学は、その問いに答えることができる。 猫と犬:どちらが賢いか かもしれません。

犬の大脳皮質には5億3千万個の神経細胞があり、猫にはその半分の2億5千万個しかないことが分かった。 この研究は、哺乳類の脳の大きさを表す理論的な指標「EQ(index of encephalization)」を中心に展開されたもので、「EQ」は、哺乳類の脳の大きさを表す指標である。を体重に換算して表示します。

脳の思考を司る領域にある同じ神経細胞の数が多ければ多いほど、哺乳類は学習し、自らの失敗から結論を導き出し、出来事を記憶するのが容易で速くなる。 したがって、神経細胞の数が多い犬の方が猫よりも複雑な問題を解くのに長けていると言える。

ネコはあきらめない

ドイツ脳研究所のウルスラ・ディッケ研究員は、猫の大脳皮質における1平方ミリメートルあたりの神経細胞の密度が、犬よりも著しく高いことを発見した。 そしてこの指標は、EQと同様に関連性の高い正確なものであることを示した。

また、ネコの性格や気質の特殊性から、ネコの意思に反して何かを覚えさせることは非常に困難であり、圧倒的に失敗が多かった。 しかし、それでも実施可能なテストは、ウルスラ・ディッケの結論を裏付けるものだった。 特にカナダ・ラバルの科学者たちは、「ネコは学習するものである」と言い切っている。特に、猫は犬よりも狩りがうまいので、この点は重要です。

犬と猫、どちらが賢いか?

ローザンヌ大学(スイス)のダニエル・シルベストロ研究員らは、進化と適応の面で、ネコが最も優れていることを発見した。 約2000万年前、ネコ科の動物が北米に移住し、犬の種の多様性に影響を与えた。その結果、猫の方が狩猟に長けていることがわかり、40種類もの犬が絶滅してしまった。 猫はより正確で静かで、鋭い爪が引っ込むという、犬にはない特徴を持っている。

一方、犬は社会的知性が発達しており、同じ群れの個体がコミュニケーションをとって行動することで、猫の長所をすべて補っている。 一方、猫は絶対的な個人主義者で、社会的知性を必要とせず、一匹でとてもうまくやっていけるのである。

リッキー・ジョセフは知識の探求者です。彼は、私たちの周りの世界を理解することで、私たちは自分自身と社会全体をより良くすることができると固く信じています.そのため、彼は世界とその住民についてできる限り多くを学ぶことを人生の使命としています。ジョセフは、彼の知識をさらに深めるために、さまざまな分野で働いてきました。彼は教師であり、兵士であり、ビジネスマンでもありましたが、彼の真の情熱は研究にあります。彼は現在、大手製薬会社の研究者として働いており、長い間不治と考えられてきた病気の新しい治療法を見つけることに専念しています.勤勉さと努力により、リッキー・ジョセフは世界で最も優れた薬理学と医薬品化学の専門家の 1 人になりました。彼の名前は世界中の科学者に知られており、彼の研究は何百万もの人々の生活を改善し続けています。