ヘッドホンを使わず、耳の周りに音の "泡 "をつくる装置

  • これを共有
Ricky Joseph

これは、この製品を発売するイスラエルの会社が主張していることで、この新技術は、ヘッドホンを必要とせず、音を分離して耳に伝えることができる。 開発者によると、この製品は2021年のクリスマスまでに一般販売される予定だという。

「サウンドバブル

SoundBeamer」と名付けられたこの装置は、サウンドシステム会社Noveto Systems社のもので、同社のホームページで「未来を聴こう」と謳っているように、数年後のトレンドとなりうる革新的な技術である。

この技術は、映画、ゲーム、音楽体験など、さまざまな場面で活用できる可能性があります。

(ノヴェト・システムズ)

しかし、ノベトは、この新製品が家庭やオフィス環境での使用において画期的なものになると考えています。

音の「泡」という表現は、ヘッドホンを使わなくてもユーザーから音が分離するという機能によるものです。 したがって、実際、音の泡のようなものでしょう。

このような成果は、例えば職場環境などでの応用が期待されます。

その他を見る : 科学者が高齢者向け補聴器を開発、価格はわずか1ドル

そして、その仕組みは?

サウンドステアリングの技術は新しいものではなく、いわゆる超音波は通常の音響波よりも回折率が低いため、音をより正確な位置に向けることができます。 新デバイスでは、このサウンドステアリングを実現しています。

電気を超音波の振動に変換し、それを3次元センサーで指示し、最終的に音波に変換しています。

このシステムは、センサーでユーザーの耳の位置を特定し、音の「泡」ができる場所を決め、超音波を使って耳の周りに音を集中させることで、ユーザーだけが聴ける3Dサウンド体験を実現します。

さらに、リスニング中に頭部を追跡することで、少しでも動きがあると途切れるのを防ぐことができます。

ノヴェト社のプロダクトマネージャー、アヤナ・ウォールウォーターによると、このデバイスを聴くことは、完全に没頭するような感覚だという。

(画像:Noveto Systems)

まだ改善すべき点

同社によると、すべての新技術がそうであるように、SoundBeamerも完璧ではなく、状況によっては、「バブル」の外にいる別の人が、デバイスから出る小さなレベルのノイズを聞くことがあるそうです。

また、スピーカーと耳の間に障害物がなく、頭とスピーカーの位置が正確に合っている必要があります。 これらの要素のいずれかがうまくいかないと、おそらくSoundBeamerは動作しません。 このため、残念ながら、ランニングなど動きが多いときには使用できません。

もっと見る 音楽を聴きながら運動することの効果を示す研究結果

リッキー・ジョセフは知識の探求者です。彼は、私たちの周りの世界を理解することで、私たちは自分自身と社会全体をより良くすることができると固く信じています.そのため、彼は世界とその住民についてできる限り多くを学ぶことを人生の使命としています。ジョセフは、彼の知識をさらに深めるために、さまざまな分野で働いてきました。彼は教師であり、兵士であり、ビジネスマンでもありましたが、彼の真の情熱は研究にあります。彼は現在、大手製薬会社の研究者として働いており、長い間不治と考えられてきた病気の新しい治療法を見つけることに専念しています.勤勉さと努力により、リッキー・ジョセフは世界で最も優れた薬理学と医薬品化学の専門家の 1 人になりました。彼の名前は世界中の科学者に知られており、彼の研究は何百万もの人々の生活を改善し続けています。