72匹の毒ヘビがいる山小屋で3日間過ごした男

  • これを共有
Ricky Joseph

1986年、インドのプネーにある5つ星ホテルの受付嬢だったニーリム・クマール・カイールは、28歳のとき、あることをきっかけに、72匹の毒ヘビと3日間連続して小屋に入るという不思議な世界記録の更新を決意する。

眼科恐怖症の人には悪夢のような話だが、カイエルは爬虫類、特にヘビに情熱を注いでいた。 ギネスブックに挑戦する前から、カイエルはヘビをホテルや自宅から持ち出しては、頻繁に救助していたのだ。

「あるとき、ヘビを捕まえてボンベイのハフキン研究所に持ち込んだところ、毒があり、持ち運ぶには危険だと言われました。ヘビへの執着が始まった"

I

「私の住むマザランには爬虫類がよく来ていましたが、美しい生き物を殺すのが嫌で、ほとんどは無害でした。 そこで、サヒャドリの丘で捕まえて放つようになりました。 一度、蛇を捕まえてボンベイのハフキン研究所に持って行きましたが、毒があり、この方法で運ぶのは危険だと言われました。 この出来事から勇気を得て、私は、爬虫類の研究に夢中になっていったのです。というわけで、KhaireはIndia Todayにこう語っている。

また、カイエルは、これまで25,000匹以上のヘビを捕獲・放流してきたが、噛まれたのはわずか6,000回という余裕のある数字だと語る。 市民の誰もが噛まれる量の基準より少し上だ。

毒ヘビを正しく理解するために

カイエルは、毒蛇だけでなく、猛毒の蛇も選んだ。 召喚されたのは、モノセル27種、ラッセルバイパー24種、ナージャ9種、バンデッドクレイツ4種、コモンヘビ4種。 つまり、68種がカイエルを簡単に殺せるのである。

毒ヘビはおとなしい動物で、脅かされたときだけ襲ってくるのだ」ということを証明したかったのである。

世界記録で得た資金で、カイエルは小さな蛇の研究所と保護施設を開設した。

アイエフエルサイエンスからの情報提供で

リッキー・ジョセフは知識の探求者です。彼は、私たちの周りの世界を理解することで、私たちは自分自身と社会全体をより良くすることができると固く信じています.そのため、彼は世界とその住民についてできる限り多くを学ぶことを人生の使命としています。ジョセフは、彼の知識をさらに深めるために、さまざまな分野で働いてきました。彼は教師であり、兵士であり、ビジネスマンでもありましたが、彼の真の情熱は研究にあります。彼は現在、大手製薬会社の研究者として働いており、長い間不治と考えられてきた病気の新しい治療法を見つけることに専念しています.勤勉さと努力により、リッキー・ジョセフは世界で最も優れた薬理学と医薬品化学の専門家の 1 人になりました。彼の名前は世界中の科学者に知られており、彼の研究は何百万もの人々の生活を改善し続けています。